インフルエンザ 予防

インフルエンザ予防の手洗い方法

インフルエンザは飛まつ感染と接触感染で広がっていきます。
インフルエンザを予防するためには手洗いとうがいをしっかり行いましょう。
外出先でインフルエンザウィルスが手に付着したとします。
手に付着したとしてもすぐに手洗いをすれば感染を防ぐことが出来ます。

顔や足腕等に付着しても感染を防ぐことが出来ます。
目や口、鼻などからウィルスが入らない限り心配は要らないのです。
手洗いをする時は石鹸を使います。

石鹸をしっかりと泡立てて手の甲、指の間、指先、爪の間、手首まで丁寧に洗っていきます。
隅々まで洗えたら流水でよくすすぎます。
乾いた清潔なタオルで水分をふき取れば完了です。

インフルエンザ予防のうがいとお茶

あなたは手洗いの時間にどの程度の時間を費やしていますか?
しっかりと手洗いをする場合30秒間は洗い続ける必要があるようです。
手指の消毒用アルコールがあれば使いましょう。

手洗いの時と同じように指先から手首までしっかりと擦り込んでいきます。
うがいは喉に付着したウィルスを排出させる役割があります。
またうがいによる湿気がウィルスの運動を弱めることも出来るのです。

たとえ喉に入ったウィルスがあったとしても、うがいをすることで外に追いやれば
インフルエンザに感染することはないでしょう。
小さい子どもの場合うがいが上手に出来ないこともあるでしょう。
うがいの出来ない子どもにはお茶を飲ませましょう。
お茶に含まれるカテキンはウィルスの感染力を弱める力を持っています。

理想的なインフルエンザ対策マスク

インフルエンザ対策マスク

【マルチガードマスク】

病院の医師向けに作られた高い防塵性能を兼ね揃えた、
使い捨てマスクです。もちろんBFE99%!

新型ウイルス対策も可能なマスクで、
インフルエンザウイルスもシャットアウト!
マスク上部にノーズブリッジ付きです。