インフルエンザ 湿気

インフルエンザ予防には湿気と換気

インフルエンザはインフルエンザウィルスによって引き起こされます。
インフルエンザウィルスは湿気に弱いという特徴があります。
インフルエンザを予防するためには乾燥した室内は良くありません。
適度な湿気が必要です。

冬場に医療機関を受診すれば気がついている人もいることでしょう。
医療機関では冬場になると適度な湿気を出すために加湿器をつけています。
インフルエンザウィルスは乾燥が大好きです。

インフルエンザウィルスは乾燥した状態で温度が20度前後あれば最も居心地がよくなるのです。
冬場の乾燥した状態でインフルエンザは広がっていくのです。
インフルエンザを予防するためには適度な湿気、適度な換気が必要です。

インフルエンザウィルスの好物は乾燥

換気をせずに締め切った部屋でインフルエンザに感染した人がいればどうでしょう。
その人が関やくしゃみをするだけであっという間に部屋中に
インフルエンザウィルスが広がって行ってしまうでしょう。

室内が乾燥していると喉がケンケンとした感じがしませんか。
乾燥した室内で就寝すれば朝目が覚めた時に喉がカラカラ出痛いような気がしませんか?
乾燥は喉の粘膜を痛めてしまいます。
鼻の粘膜も同様です。

喉や鼻を痛めればインフルエンザウィルスが入ってきた時にすぐに感染してしまいます。
健康な状態ですと少しくらいウィルスが入ってきても排出する力があるのです。
インフルエンザに勝つためにも室内は加湿器を使って適度な湿気を保っておきましょう。

理想的なインフルエンザ対策マスク

インフルエンザ対策マスク

【マルチガードマスク】

病院の医師向けに作られた高い防塵性能を兼ね揃えた、
使い捨てマスクです。もちろんBFE99%!

新型ウイルス対策も可能なマスクで、
インフルエンザウイルスもシャットアウト!
マスク上部にノーズブリッジ付きです。