豚インフルエンザ 危険性

新型インフルエンザの元となった豚インフルエンザ

豚インフルエンザは豚がA型インフルエンザに感染することで発症されることが分かっています。
豚は人が感染するインフルエンザや鳥が感染するインフルエンザに対しても簡単に感染してしまいます。
豚インフルエンザが初めて世界で発見されたのがアメリカのニュージャージーです。

1976年のことです。
アメリカ軍の訓練基地で兵士一人が発症し死亡しました。
ほかに重症患者は出ませんでしたが多くの人が感染したと考えられています。
この時の豚インフルエンザは致死率は高くないが感染率が高いことが分かっています。

今回の新型インフルエンザはメキシコの豚インフルエンザから単を発していると言われています。
メキシコで何十人もの死亡が報告され、豚インフルエンザが明るみに出てきました。
その後アメリカなど周辺諸国への感染も拡大していったので、世界的な流行が恐れられたのです。

豚インフルエンザの危険性

感染拡大を防ぐために色々な対策が取られました。
飛行機に乗る前に体温チェック、健康状態チェックなど行われました。
努力もむなしく結局、世界中に広がってしまったわけですが・・・。

WHOも世界的な流行を示す「フェーズ6」に警戒レベルを上げています。
豚インフルエンザは感染率が非常に高い病気です。
豚インフルエンザ関連で亡くなっている人も多数いますが、
致死率はそれほど高くない病気と考えられています。

しかし風邪とは全く異なります。
簡単な病気ではないのです。
感染しないようにしっかりと予防することが大切です。

理想的なインフルエンザ対策マスク

インフルエンザ対策マスク

【マルチガードマスク】

病院の医師向けに作られた高い防塵性能を兼ね揃えた、
使い捨てマスクです。もちろんBFE99%!

新型ウイルス対策も可能なマスクで、
インフルエンザウイルスもシャットアウト!
マスク上部にノーズブリッジ付きです。