マスクフィルター 重要性

インフルエンザ対策マスクとガーゼマスクの違い

インフルエンザ対策マスクは普段使うガーゼタイプのマスクとはかなり異なっています。
作りも異なっているのです。
インフルエンザ対策マスクはマスクフィルターが何層にも連なっています。
ウィルス処理が施され、何層にもマスクフィルターが重なっていることで
ごく微粒のインフルエンザウィルスをも通さないのです。

インフルエンザに感染している人がマスクを装着して咳やくしゃみをした場合でも、
その飛まつの飛散も防いでくれるのです。
マスクフィルターは非常に重要性の高い働きをしているのです。
マスクフィルターの重要性を高めるためにはマスクの正しい装着が必要不可欠でしょう。

マスクを正しく装着する

マスクの正しい装着方法は、

・鼻と頬にピッタリと貼り付けるように装着すること。
・顎をしっかりと覆うこと。

マスクを購入すれば使用方法として正しいマスクの装着方法が示されています。
使用確認を確かめて正しいマスクの使い方を理解しておきましょう。

新型インフルエンザが初めて日本で確認されてから患者数は増加の一途をたどっています。
まだまだ新型インフルエンザのピークを過ぎているとはいえない状況にあります。
新型インフルエンザの驚異は過ぎ去ってはいないのですから。

今後寒くなっていけば次にやってくるのは季節性のインフルエンザです。
もう、そこまで季節性のインフルエンザの流行もやってきているのです。
インフルエンザを予防するためにはインフルエンザ対策マスクの装着、
手洗いやうがいの強化に努めるべきなのです。

理想的なインフルエンザ対策マスク

インフルエンザ対策マスク

【マルチガードマスク】

病院の医師向けに作られた高い防塵性能を兼ね揃えた、
使い捨てマスクです。もちろんBFE99%!

新型ウイルス対策も可能なマスクで、
インフルエンザウイルスもシャットアウト!
マスク上部にノーズブリッジ付きです。