マスク備蓄

インフルエンザ予防に必要なマスクの量

季節性のインフルエンザも新型インフルエンザも感染は飛まつ感染です。
感染予防をしたいのであればインフルエンザ対策マスクをつけておくべきです。
新型インフルエンザのピークは焼く2ヶ月間続くと考えられているようです。
そのため厚生労働省は2ヶ月間分のマスクの備蓄を呼びかけています。

一日一枚のインフルエンザ対策マスクを使うとすれば・・・30日×一枚×2ヶ月で60枚です。
一人当たり60枚のインフルエンザ対策マスクの備蓄があれば安心できるようです。

インフルエンザ対策マスクはドラッグストアや薬局等で販売されていますが
品薄状態が続いているようです。
ネット通販ですとまとめて購入することが出来ます。
また市販で購入するよりも安い価格で購入できるのでお勧めです。

インフルエンザ予防に必要なマスクの種類

インフルエンザウィルスはかなり細かい粒子です。
花粉症の人が使っているマスクでも防ぐことは出来ません。
花粉は30ミクロン前後ですがインフルエンザウィルスは1ミクロン前後のようです。

花粉対策のマスクではインフルエンザウィルスはすり抜けて言ってしまうのです。
インフルエンザ対策用でなければ家族の安全、自分の安全を守ることが出来ないでしょう。
まだ爆発的な流行が続いていくものと考えられています。
今後は季節性のインフルエンザも流行してくると予想されています。

不要な外出はなるべく避け人ごみに行かないように注意しましょう。
どうしても人ごみに行かなければならない場合は、
インフルエンザ対策マスクをつけて外出しましょう。

理想的なインフルエンザ対策マスク

インフルエンザ対策マスク

【マルチガードマスク】

病院の医師向けに作られた高い防塵性能を兼ね揃えた、
使い捨てマスクです。もちろんBFE99%!

新型ウイルス対策も可能なマスクで、
インフルエンザウイルスもシャットアウト!
マスク上部にノーズブリッジ付きです。